夫婦で葉酸を飲むメリットって何かあるの?

mamanic

 

葉酸の持つ効果とは

 

葉酸には、不妊の症状を改善したり、胎児の先天性異常を予防したりする効果があると言われています。

 

そのため、妊娠を希望するカップルや、妊娠中の女性は、積極的に葉酸を摂取するべきとされています。

 

2000年には、厚生労働省が正式に摂取を推奨する勧告を出したことで、葉酸の必要性が広く知られるようになりました。

 

不妊症状の改善

 

mamanic

近年は、晩婚化の影響などで妊娠年齢が高齢化していることもあり、不妊に悩むカップルが増えています。

 

不妊の主な原因は、加齢による卵巣機能や精巣機能の低下です。

 

女性の場合、35歳を過ぎると卵子の質が著しく低下すると言われています。
また、男性の精子も、加齢と共に運動率が下がったり、染色体異常を持つ奇形精子が増えることが分かっています。

 

葉酸には細胞分裂を助ける働きがあるため、葉酸を摂取することで、卵子や精子の質の低下を防いだり、低下の速度を緩やかにすることができるのです。

 

胎児の先天性異常の予防

 

胎児の先天性異常は、卵子や精子の染色体の異常によって起こります。
そして、両親の年齢が高くなるに従い、胎児に先天性異常が発生する確率は高くなります。

 

特に、無脳症や二分脊椎を引き起こす神経管閉鎖障害は、精子の染色体異常が原因の1つであるということが、最新の研究で分かってきました。

 

葉酸はダウン症や発達障害の発生リスクの低減にも効果があるとされています。

 

もちろん、葉酸を摂取すれば100%それらの異常を防げるわけではありませんが、少なからずリスクを減らすことができるのであれば、飲んでおいて損はないと思われます。

 

夫婦で葉酸を飲むメリット

 

では、夫婦で葉酸を飲むことには、メリットがあるのでしょうか。

 

もちろん、答えはイエスです。
むしろ、極端な言い方をすれば、葉酸は『夫婦で飲まなければ意味がない』と言えるかもしれません。

 

妊娠は女性一人でするものではありません。
女性の卵子と男性の精子が出会い、受精卵が生まれることで、初めて成立するものです。

 

卵子の質を良い状態に保つのと同時に、精子の質も若々しく保たれていないと、健康な受精卵は作れないということです。

 

妊活中、女性はホルモンバランスを整えるサプリメントを飲んだり、妊娠しやすい体作りに効果的と言われる食材を積極的に摂ったりと、自ら進んでさまざまな努力を行います。

 

mamanic

しかし男性は、それまでの食生活生活習慣を見直そうともせず、『妊活は妻任せ』というような、どこか他人事の人が多いように思われます。

そんなことでは、妊活が上手くいくわけはありません。
それどころか、夫婦の気持ちがすれ違って、不仲になってしまったり、最悪の場合離婚に発展するケースもゼロではないのです。

 

 

夫婦で葉酸を飲むことで卵子も精子も元気になれば、受精卵も出来やすくなり、結果的に『妊娠しやすい体』を手に入れることも夢ではありません。

 

また、夫婦で同じサプリメントを飲み、妊娠という1つの目標に向かって努力をすることは、夫婦の絆を深めることにもつながります。
このように、夫婦で葉酸を飲むメリットは計り知れないのです。

 

 

葉酸サプリは、妊活だけでなく、心臓病や貧血、ガンの予防など、健康維持にも役立つ万能サプリメントです。ぜひ、日常の生活の中に、上手く取り入れてみていただければと思います。